ぽんたん通信ウェブ版@肥後橋 炊い処ぽんたん

大阪・肥後橋にある「酒と料理と土鍋ごはん」炊い処ぽんたんの近況と食にまつわる雑記です

結んで歩いて

f:id:tomofumi1981:20220520004016j:image

【近況】

肥後橋の店舗と豊中の店舗を行ったり来たりであっという間に時間が過ぎる毎日になりました。

豊中へは週に2回ほど出張で営業しています。意外なほど毎週、将来的に独立を考えているという方が見学や食事に来られるのですが、人それぞれに色んな背景があってこちらとしても非常に興味深い話を伺っている気持ちでいます。

 

今週末21.22の土日で、2階にあるフリースペースを展示会に使ってもらえることになっています。その時も下の飲食スペースでは出張出店する予定です。少しずつ今後の具体的な使い道のヒントを積み上げていこうと思います。

 

コロナ禍では人に会わない閉じた時間があまりに長かったので、こうやって新たに出会う人とやりとりが増えるのは新しい一歩としてありがたい限りです。

 

豊中にあるシェアキッチン・スペースのほうは間借りオーナーを随時募集していますので、ご興味ある方はぜひお声かけください。

 

https://www.instagram.com/pont_3_8_4/?hl=ja

 

意表突かれて吉

f:id:tomofumi1981:20220513080550j:image

スマホの写真から】

馴染みの深い食材に、もう今さら新しい食べ方なんかないだろうと思っていても、良い出会いをする事があります。

写真は「かぼちゃの南蛮漬け」として春先からずっと続けている先付けメニューです。

今までかぼちゃを酸っぱくして食べるという考えがなく、またそういうレシピに出会うこともなかったのですが、ふと思い立って試したところ新しいかぼちゃの魅力に気づけたように思いました。

 

甘辛く煮つけたり、天ぷらにすることが多いかぼちゃは、そのほっこり感と濃い甘さで特に男性からは「ごはんが進まない」と敬遠されがちです。

しかしこの南蛮漬けは、ごま油と酢のおかげでかぼちゃの甘さにキレも出て、なかなかごはんのおかずとしても優秀な気がします。

 

ニンニクと唐辛子を効かせた甘酢に、高温の油で揚げたかぼちゃを漬け込むのですが、かぼちゃの切り方や揚げ時間によって変わる歯ごたえや味の染み具合に違いが出てなかなか奥が深いと作るたびに唸っています。

 

薄めに切り出して歯ごたえが残る火の通りに仕上げることに、最近力を入れているところです。

曲がり角の間借りビル⑤

f:id:tomofumi1981:20220505115421j:image

【近況】

新しい店をオープンさせる初日の過ごし方はオーナーそれぞれ十人十色で、その日生まれる感情も人それぞれあることと思います。

自分の場合は不安と期待が短時間に行き来するざわつきで、視界が何とも言えない独特の空気に包まれます。ふだんは届いていない脳のすみずみに血が行き渡っているのかもしれません。

f:id:tomofumi1981:20220505120231j:image

ありがたいことに数件、今回のキッチンで新しいスタートを切りたい、集まりを開いてみたいというご相談をいただいています。

そういったお客さんと自分の狙いが、うまく噛み合って、それが先々まで続いてくれれば何よりですが、それはまだまだわかりません。

 

期待のこもった始まりと惜しまれて迎える終わりの繰り返しが、次へつながる場所になればいいと思っています。

 

f:id:tomofumi1981:20220505115454j:image

連休中に2日間、レセプションとしてテスト営業をさせてもらいました。遠方から足を運んでくださった知人方、地元ということで興味を持ってくださった方など、お集まりいただいてありがとうございました。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

シェアキッチン・スペース

Pont 3-8-4 (ポンサンハチヨン)

560-0021大阪府豊中市本町3-8-4

https://www.instagram.com/p/CcZjPbhphhh/?igshid=NjY2NjE5MzQ=

 

曲がり角の間借りビル④

f:id:tomofumi1981:20220428235344j:image

【近況】

5月3日をもってオープンという形で、ひとまずスタートを切ることになりました。同日は夕方から夜までお披露目でテスト営業していますので、場所が場所ではありますがお時間ある方は覗きに来てもらえると嬉しいです。

 

シェアキッチン・スペースということで、借りてもらわないことにはオープンとは言いづらいのですが、さりとてせっかくいろんな方に絡んでもらって作った店を少しでも早く人の目にかけたいのでお披露目日にオープンとした次第です。

 

最初はセルフ間借りでスポット営業しつつ、いまいただいている問い合わせから少しでも早く利用してもらえるように努めたいと思います。

f:id:tomofumi1981:20220428235236j:image

 

手間は舌にささやく

f:id:tomofumi1981:20220420080902j:image

【近況】

今年もホタルイカがけっこう長く出回っています。ぷっくりとハリのある富山産も手軽に買えますし、炊き込みごはんがおすすめです。

当店でも、アサリと合わせて土鍋ごはんにして提供しています。薄いピンク色の、さわやかな炊き込みごはんです。

 

ホタルイカといえば下処理が大変で、その割にあっというまに食べてしまうのであっけないものです。

目とクチバシと背骨を取るのですが、親指ほどのホタルイカをつかんで作業するのはなかなか面倒です。家で食べるときは目しか取りません。

 

お米 2合 研いでおく

※水 350cc

しょうゆ 小さじ2

酒 小さじ2

塩 小さじ3/4

ホタルイカ 好みの量

↑上記をすべて炊飯器に入れて炊く

 

↓仕上げに

刻みしょうが 好みの量

セリ・三つ葉 等 好みで

 

※炊飯器の内釜に「炊き込みごはん」の目盛りがあるなら、お米と調味料とホタルイカを内釜に入れて2合の目盛りに合わせて水を入れます

 

炊くときに昆布を入れるとさらに旨みが出ます。

 

洋風に仕上げるなら、ホタルイカとニンニク、玉ねぎをオリーブオイルで香りが出るまで炒めてから入れ、トマト(生、水煮、トマトペースト等)を好みの量入れて炊き上げて、仕上げに粉チーズを振るのもいいと思います。

その場合もやはり内釜に目盛りがある炊飯器なら、水の量で困りません。

 

曲がり角の間借りビル③

f:id:tomofumi1981:20220414081142j:imagef:id:tomofumi1981:20220414081106j:image

【近況】

工事もほぼ終盤になりました。
下記スケジュールで内見を受け付けています(要予約)。お知り合いなどへも紹介してもらえると嬉しいです。

 

4/16 13時〜17時
4/17 13時〜17時
4/18 16時〜19時
4/19 16時〜19時

お問合せは当アカウントまで、もしくは

to.honda.1981@gmail.com

f:id:tomofumi1981:20220414081124j:image

自分が初めて独立して店をやろうと決めた時、自由に使えるキッチンがほしくて自宅と別にアパートを一部屋借りていました。

そのおかげで先々のことを落ち着いて考えることができ、独立のタイミングを焦らず決めることができました。少なからずお金はかかったものの今につながったのはよかったと思います。

 

ただ、アパートを借りるだけではテスト営業のようなことはできません。今回作った物件は、そういった場面にも役立ててもらえる場所だと思います。

 

旬が巡るたびの今

f:id:tomofumi1981:20220407211525j:image

【近況】

目下工事中の間借りキッチンも引き渡しのめどがたち、興味ある方の内見を受けつけようと準備しています。

4/16から中を案内できますので、ご希望の方はぜひお知らせください。

「シェアキッチン・スペース Pont 3−8−4(ポン サン ハチ ヨン)」

住所:大阪府豊中市本町3−8−4 (阪急豊中駅徒歩6分)

f:id:tomofumi1981:20220407211739j:image

筍が旬のさかりで、八百屋さんでも朝堀りの筍が湯がかれて店頭に並んでいます。

八百屋さんが「ばら寿司にしたらおいしかったよ」と言うので、余った切れ端を味付けし酢飯に混ぜ込んで食べました。筍を噛んだ瞬間にただよう仄かな刺激と甘い匂いが、酢の鋭さととけあってじわりと沁みるおいしさです。

 

こういった、控えめな風味がうまく絡み合った味というのは、咀嚼しながらおいしい空気を味わっているような気がします。

旬の野菜のおいしい食べ方については、さすがプロだなと感服します。この筍にかぎらず、八百屋さんが教えてくれるおいしい食べ方は外れることがありません。

 

f:id:tomofumi1981:20220407091233j:image

去年秋に緊急事態宣言が解除されたときに比べると、思ったより夜の客足が伸びておらず悩ましい毎日です。11月ごろは毎日ほどよく賑わって、晴れ晴れとなごやかな空気が流れていたことを思い出します。

そんな中でも、この1週間はいままでランチで長く通ってくれたお客さんが初めて夜に寄ってくれるケースが続いています。こういう巡りあいは嬉しさもひとしおで、続けてきてよかったと感じる瞬間です。